海の京都

COSPLAYER EXPERIENCE

​MAGIC KYOTO 2019来客するコスプレイヤー達がこのツアーを参加しました!!

あくまで今回、コスプレイヤーが体験したものですので、中には通常体験できない施設もあります。気になる方は、気になる施設の「問い合わせ」をクリックしてください!

Rian CYD
  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
NAYTHERO
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

京丹後市 夕日ヶ浦海岸

IMG_6520.jpg

夕日ヶ浦海岸は、美しい夕陽が見ることができる海岸です。

夕日ヶ浦海岸の海水浴場は、幅広く続く遠浅により日本海のイメージとは少し違い見事な青色をしているのが印象的です。

春から夏にかけての落日が美しく、日本の夕陽百選に選ばれています。

Info

所在地:京都府京丹後市網野町浜詰

たゆう 丹後ちりめん(田勇機業株式会社)

IMG_6535.jpg
IMG_6538.jpg

糸を織って、それを染めるまで一貫した生地作りをしているたゆうの工場見学に行ってきました!

たゆうは丹後ちりめんの一番の特徴である「水撚り八丁強撚糸(みずねりはっちょうねんし)」から、織り、染めまで一貫した生地作りを行っています。

「水撚り八丁強撚糸(みずねりはっちょうねんし)」とは撚糸機(ねんしき)で、下管(したくだ)に巻かれた生糸(きいと)に、水をかけながらさらにひねりを加えて、決められたひねりの数にした糸のことです。

日本国内はもとより、JAPANブランドとして毎年パリで開催しています「丹後テキスタイル展」において、大手メゾン等から高い評価を得ているブランドです。

工場見学はすごい迫力!

 

一般の方でも工場見学していただけます。観光客はもちろん、修学旅行、繊維関係の学生さんなどもOKです!

実際に稼動している約60台の織機を 真近でご見学していただけます。(ただし、日、祝祭日は稼動していません)

 

・入場無料

・車、マイクロバス、中・大型バス駐車場有

・団体様の場合 要予約(バスご誘導させていただきます。詳しくはお電話下さい。)

 

田勇オリジナルちりめんグッズ直販!

丹後ちりめんは和服はもちろん、小物、インテリア、美容など様々なジャンルで人気の素材です。 織元たゆうでは長年培ったノウハウを活かし、丹後ちりめんを使ってオリジナルグッズを販売しています。

​Info

会 社 名:田勇機業株式会社
所 在 地:京都府京丹後市網野町浅茂川112
連 絡 先:TEL.0772-72-0307 

八丁浜

IMG_6572 (1).jpg

極上の遠浅と白い砂浜!日本海らしからぬ安全なビーチ!とても気持ちいい!

夏は海水浴客でにぎわいます!

 

八丁浜海水浴場(はっちょうはま)は、別名、浅茂川海水浴場(あさもがわ)とも呼ばれ、ビーチの砂浜全体が幅広い遠浅で、日本海では珍しい整備の行き届いた未来型のビーチです。

駐車場が設けられています!

IMG_6575.jpg
IMG_6573.jpg

Info

八丁浜海水浴場
所在地:京都府京丹後市網野町浅茂川地内

島児神社(浦島太郎像)

S__13828104.jpg

京丹後市網野町は日本で有名な伝記の「浦島太郎」のゆかりの地です。

 

この浦島太郎を祭った神社が『嶋児神社(しまこじんじゃ)』です。

 

神社には亀に乗った浦島太郎の石造があり、「カメを妊婦さんが触ると良い赤ちゃんが産まれる」、「綺麗な手でカメを触ると亀のように長生きする」、「カメの頭を触るといい縁に恵まれる」と言われています。

Info

所在地:京都府京丹後市網野町浅茂川

uRashiMa

IMG_6636.jpg

本格ナポリのピザが食べられるpizzeria!

京都府外からもここのピザを食べに来られる方も多く、オーナーシェフの藤原さんはピザの世界大会2位と言う輝かしい経歴の持ち主。

IMG_6630.jpg
IMG_6619.jpg
IMG_6618.jpg

店主(オーナーシェフ)の藤原英雄さん

店主(オーナーシェフ)の藤原英雄さんは1978年、京丹後市網野町生まれ。

高校卒業後、アルバイトしたイタリアンレストランでナポリピッツァに出会います。

2004年には渡伊し、ナポリで修業。

帰国後、2006年には兵庫県赤穂市のピッツァの名店「ピッツェリアリストランテさくらぐみ」で腕を磨き、2008年「神戸北野ホテル」へ。北野ホテルのイタリアンでは店長兼シェフを担当されていたんだそう。

その間、本場イタリアで開催されたピッツァの世界大会に出場し(2012年)、独創的なピッツァが評価され、ファンタジーア部門で世界第2位に選ばれました。

地元に戻った藤原さん、鮮魚店を営む実家の一部を改装し、2017年にカウンター6席だけの小さなお店「藤原鮮魚店uRashiMa(ウラシマ)」をオープン!

たくさんのメディアの取材をうけて大繁盛しているお店です!

 

店内はカウンター6席なので予約をオススメします。

テイクアウトが出来るのでテイクアウトして丹後の景色を眺めながら食べるもよし!!


 

フルッティディマーレ 2400円(税別)

サザエの風味が口いっぱいに広がる贅沢なピザ

※サザエは季節によって違う食材になります。

IMG_6627.jpg

Info

営業時間:11:00~19:00
定休日:木曜
所在地: 京都府京丹後市網野町浅茂川328-5 MAP
平均予算: ¥3,000~¥3,999 

狛 猫 - 金刀比羅神社

IMG_6644.jpg

こんぴらさんの “狛猫” は 日本唯一とも言われる 大変珍しい守り神です。

普通、神社になくてはならない、シンボル的な存在は「狛犬」ですが、境内社「木島社」には大変珍しい「狛猫」が存在しています。とてもかわいい!

 

なぜ猫なのか?その理由は丹後ちりめん発祥の地と関連しています。

 

ここ丹後 峰山は、丹後ちりめん発祥の地です。

今から約300年前、江戸時代のころにこの地でちりめん織の技法を確立しました。

ちりめんは丹後に広まり、峰山はわが国有数の絹織物の繁盛した地として発展しました。

 

峰山の町には、ちりめん問屋、糸屋が並び、関西方面から来る織物業者で賑わい、周辺の村々で機織りが盛んになり、農家は絹を生産するための養蚕(かいこ)を営みにしたのです。

 

養蚕の大敵は「ネズミ」です。ネズミは、マユや蚕などを食い荒らし、農家に大損害をもたらします。そこででネコの登場です。ネコは、蚕が飼われている部屋にいて、ネズミを追いやります。

 

ネコは、養蚕になくてはならない大切な存在でした。

そして、今もこの丹後峰山の地で「機織養蚕の守護神」にお仕えしているのです。

IMG_6661.jpg

Info

金刀比羅神社社務所
所在地 京都府京丹後市峰山町泉1165-2
電話 0772-62-0225

IMG_6676.jpg

ご覧いただいた宿泊・体験・お食事してみたい方がいらっしゃいましたら、「予約」または「問い合わせ」をお願い致します!

BNR6_1.png
BNR7_1.jpg
linkbanner01.png